東京展

wawa音楽祭~presented by POWER of LIFE~

wawa_music02

wawa音楽祭~presented by POWER of LIFE~

日時 : 2013年3月10日(日)

3月10日 14:00 開場 14:30 開演 (16:00終了予定)
入場料:web予約 2000円 ※先着順 定員200名

当日券:2300円で当日券を販売致します。13時30分より整理券配布予定。

 

出演アーティスト (敬称略)
ATSUSHI(ダンス: Dragon Ash / POWER of LIFE)
秋田ゴールドマン(ベース: SOIL&”PIMP”SESSIONS)
木下航志(ピアノ / ヴォーカル)
坂本美雨(ヴォーカル)
みどりん(ドラム: SOIL&”PIMP”SESSIONS)

Dragon Ashのダンサーであり、宮城県塩竈市でアートと食の祭典『GAMA ROCK FES』を主宰する
「ATSUSHI」を中心に、わわプロジェクトの理念に賛同するアーティストが集まり、3331体育館で音楽ライブを行います。
音楽を通して、生命のすばらしさや尊さを分かち合い、心の『輪』をつなぎましょう。

会場:3331アーツ千代田 体育館
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

(最寄り駅:JR 秋葉原、銀座線 末広町、千代田線 湯島)
MAP:http://tokyo.wawa.or.jp/access/

アーティストプロフィール

ATSUSHI (Dragon Ash / POWER of LIFE)
1979年2月7日生れ。
“Dragon Ash”ダンサー。
一般社団法人POWER of LIFE代表理事。
1996年ダンスを始め、様々なクラブ等でのイベントに出演。2001年よりサポートメンバーを経て2003年、“Dragon Ash”に正式加入。
2006年より、ソロダンサーとしても国内外で活動開始。今まで様々なステージで得た経験により、ジャンルや枠にとらわれない踊りと体をいかしたダイナミックな踊りを信条とし、今日のダンサーの在り方を変えることを目指していると共に、日本人ダンサーとしての在り方を常に考えながら活動している。2009年、生命力、すなわち生命の素晴らしさ、尊さを様々な形で表現し、考えるきっかけを多くの人々に伝えていくことを目的としたプロジェクト「POWERof LIFE」を発起。
http://www.atsushi-takahashi.com

 

midorin

みどりん
78年福島県生まれ。SOIL&”PIMP”SESSIONS、J.A.Mのドラマー。最近では、ハナレグミ、BONNIE
PINK等のライブ、レコーディングなど、様々なアーティストからのラブコールを受け、共演を果たしている。
東京、NY育ち。1997年「Ryuichi Sakamoto featuring Sister M」名義でデビュー。
音楽活動に加え、演劇、執筆、ナレーション、「Freepets」として動物愛護にも携わる。
東京FM & 38局全国放送ラジオ『ディアフレンズ』毎週月〜木曜
(11時)を担当中。
http://ameblo.jp/miu-sakamoto/
twitter: @miusakamoto

 

sakamotomiu

坂本美雨
東京、NY育ち。1997年「Ryuichi Sakamoto featuring Sister M」名義でデビュー。音楽活動に加え、演劇、執筆、ナレーション、「Freepets」として動物愛護にも携わる。東京FM & 38局全国放送ラジオ『ディアフレンズ』毎週月〜木曜(11時)を担当中
http://ameblo.jp/miu-sakamoto/
twitter: @miusakamoto

 

goldman

秋田ゴールドマン
77年東京都生まれ。SOIL&”PIMP”SESSIONS、J.A.Mのベーシスト。また、近年ではドラマー中村達也氏を中心とした”日の出食堂”にも参加。寡黙にして雄弁なベースプレイが好評で、ジャンルを問わず各方面にて活躍中。

 

kinoshita

木下航志
1989年鹿児島県生まれ。未熟児網膜症の為、生後一か月で失明。2歳からピアノをスタート。8歳からストリートライブをスタート。10歳の時NHKのドキュメンタリーTV番組にて紹介される。14歳で再びNHK「木下航志14歳の旅立ち」で紹介される。2005年愛・地球博EXPOのジャパンウィークに参加。2006年デビューアルバム「絆」をリリース。2009年国連本部にてパフォーマンを行う。現在まで3枚のミニアルバム、1枚のフルアルバム、2枚のシングルをリリースしている。

 

POWER of LIFEについて

私たちのまわりにあふれている様々な問題は、
生きることの素晴らしさ、尊さを軽視してきた結果かもしれない。

POWER of LIFEは、生命の素晴らしさや尊さを伝えるプロジェクトです。
このプロジェクトを通じて、多くの人々が命について考えるきっかけが
生まれることを目指して活動しています。

POWER of LIFEは、大きく3つの活動を行っています。

1.写真展、ライブなどによる表現活動
2.アニマルシェルターへの支援活動
3.東日本大震災への復興支援活動

1.写真展、ライブによる表現活動
POWER of LIFEでは、写真展とライブによる表現活動を行っています。この活動により、一人でも多くの人に命について考えるきっかけが生まれることを目指しています。

1.1.POWER of LIFE photo exhibition
POWER of LIFEの表現の原点であるphoto exhibition(写真展)。活動に賛同するフォトグラファーが、同じく賛同する多くのアスリートやミュージシャンの“生命力がみなぎる”瞬間を写真で表現します。

1.2.POWER of LIVE
活動に賛同するアーティストが集まって、ライブを行います。舞台上でインプロビゼーション的に紡がれる瞬間に、いろいろな形の“生命力”が表現されます。

2.アニマルシェルターへの支援活動
毎年、20万頭を超える犬や猫が行政機関にて殺処分されています。(環境省ホームページより)。POWER of LIFEは、2009年の活動当初よりこの問題の解決に向けて、アニマルシェルターへの支援活動を行っています。

アニマルシェルターとは、行政機関で殺処分されるはずだった子犬や子猫などを引き取り、動物の引き取り手を募集する団体です。また引き取りが難しい動物の終生の飼育施設ともなります。

POWER of LIFEは上述の写真展やイベントにて、この現状を多くの方に知っていただくよう広報活動を行ったり、収益の一部を使って施設の運営支援を行っています。

3.震災復興支援活動
POWER of LIFEは、東日本大震災発生直後から東北の被災地を訪れ、現地で必要とされている様々な形での支援を行ってきました。

生命の大切さを否応なしに感じさせられた震災。
生きていくことの大切さを感じ、
そして生きていくことの難しさも受け止めて、
みんなが立ち上がっていけるよう、支援を続けています。

ページトップへ